2018年1月26日金曜日

近況

最近やったことメモ。だいたいUnity関係です

・フレームワーク実装
面倒なAssetBundleやシーン回りのリソースをいい感じにやってくれる機能を主に実装。
あとUniRxにがっつり依存してMVRPでシーン回りを実装。
夢と妥協をいっぱい詰め込んだので現実の洗礼が必要。

・Steamworks.NETでオンライン機能の実装
Photonのように便利な同期用機能とかが無いっぽいので
その辺の制御を全部自前で実装する必要がありそう。つらい

・アプリのWebGL化対応
ファイルIOが非同期になるので要注意
要CORS対応
要WebGL環境で使用できないライブラリの対応

・MessagePack-CSharp
超早くて使いやすい超オススメのシリアライザ
IL2CPPを使う場合はシリアライズ用コードの事前生成が必要なのがちょっとだけめんどい

・UniRx
Triggerでさっと入力受付機能を追加したりReactivePropertyで値を監視したりできるのが便利
機能的にはまだほんの表層しか使えていない感じ

・Timeline
Animatorとの使い分けが悩ましい。

・二年ぶり二度目の胃腸炎判定
つらい

2017年12月16日土曜日

生存報告

定職に就いてたのしくやっています。おもったよりホワイトなのでとてもうれしい

2016年4月29日金曜日

リングコマンドを実装してみる

Quaternionの扱いに慣れるためにリングコマンドを実装してみました。
扇状に開くモードと、円状を維持するモードの切り替えが可能です。

2016年4月17日日曜日

Photon Unity Networking(PUN)の無料版・有料版の差異

Photon Unity Networking(以下PUN)はFreeという無料版とPUN+という有料版がある。
それぞれの差異は以下の通り。

・PUN Free
 ・非Pro版のUnity4ではAndroid、iOS向けビルド不可。
・PUN+
 ・非Pro版のUnity4でもAndroid、iOS向けビルド可。
 ・100CCU(同時接続数)プランが付属。(なお無料プランは20CCU)

Android、iOS向けビルドの可否について表にしたものが以下になる。
PUN Free PUN+
非Pro版のUnity4  x o
Pro版のUnity4 o o
Unity5 o o

Unity4のPro版、またはUnity5を使用する場合は、PUN+のメリットが薄いので要注意。
間違って覚えていると恥ずかしいです。(恥ずかしかった)

100CCUのプランは普通に契約すると17,339円なので、100CCUのプランを安く使いたい場合はPUN+も有用かもしれない。

2016年1月7日木曜日

生存報告 #5

茨城でのお仕事が一旦終了しました。途中から炎上したのでキツかったです。
その分経験値も稼げましたので次はもっと上手くやりたいところ。
思えばゲーム業界での大きめのお仕事が初めてということもあって感慨深いものがありました。

以下TODO。
  • UnityのEditor拡張力を上げてより楽できる仕組みを作れるようにする
  • uGUIの使い方を見直す
  • Unity最新版への対応
  • 散々筋トレをサボって鈍り果てた肉体の鍛え直し
  • また石が詰まって悶絶アンド入院したのでジュースを控える
  • 健康第一
  • いのちだいじに

2015年6月26日金曜日

生存報告#4

茨城でお仕事中。Unity使ってます。
趣味のBlenderもボチボチと。


2015年4月27日月曜日

生存報告#3

お仕事したり腑抜けてたりしていますが生きてます。パワー(筋肉)が足りぬ。
5月から最低2ヶ月程東京でお仕事の予定。